KYT一覧

ワンポイントKYT(ワンポイント危険予知トレーニング)のやり方と注意点

ワンポイントKYT(ワンポイント危険予知トレーニング)は、現場でその時その場に即した実践的な危険予知を行うための手法で、KYT4ラウンド法の応用的な手法です。第2ラウンドの本質追究と第4ラウンドの目標設定ワンポイントに絞り込んで行う点がじゅうようです。

KYT(危険予知トレーニング)に使える交通関係の事例・イラスト

交通KYT用の事例です。KYT(危険予知トレーニング)に使える交通関係の事例は豊富に公開されています。特に、動画が多いのが特徴となっています。交通KYTにヒヤリハット事例を応用したり、学校で使う交通安全資料の中から使ったりすることもできます。

危険予知トレーニング(KYT)の進め方「KYT4ラウンド法(KYT4R法)」

危険予知トレーニング(KYT)は、みんなの話し合いで危険要因を発見し、特に重要なものを抽出して、事故を未然に防止する対策を立て、安全のための行動目標として標準化する一連の活動です。「KYT4ラウンド法(KYT4R法)」によって実施するのが一般的です。

スポンサーリンク
リンク広告
リンク広告