危険ストーリー(ヒヤリハットストーリー)とは




危険ストーリー(ヒヤリハットストーリー)は、ある状態・状況に潜んでいる危険要因とその危険要因が引き起こすおそれのある事故との関係を説明するものです。

すなわち、「~なので・・・が起きる」、「○○が~して・・・になる」というように、危険要因と事故との因果関係を説明したものです。
この場合の危険要因とは、事故を引き起こす可能性がある状況や行為、出来事のことで、潜在的な事故原因のことをいいます。

スポンサーリンク
リンク広告

危険ストーリー(ヒヤリハットストーリー)とは

危険ストーリー(ヒヤリハットストーリー)は、危険予知トレーニング(KYT)を行うにあたって事前に設定します。KYTシートは、この危険ストーリーに沿って作成します。

危険予知トレーニング(KYT)は、KYTシートに描かれた危険ストーリー(ヒヤリハットストーリー)をどれだけ発見できるか、その能力を鍛えるものだといえます。

そのため、KYTシートには、理解してもらいたい危険ストーリー(ヒヤリハットストーリー)を、その数だけ盛り込む必要があります。