ワンポイントKYT(ワンポイント危険予知トレーニング)のやり方と注意点

ワンポイントKYT(ワンポイント危険予知トレーニング)は、現場でその時その場に即した実践的な危険予知を行うための手法で、KYT4ラウンド法の応用的な手法です。第2ラウンドの本質追究と第4ラウンドの目標設定ワンポイントに絞り込んで行う点がじゅうようです。

保育園・保育所のヒヤリハットマップ(ヒヤリマップ)の具体例

保育園・保育所などでの安全管理・事故防止のため、ヒヤリハット情報を共有し、危険を明確にするヒヤリハットマップを作成・公開する必要があります。事故の発生しやすい場面や場所は決まっているので、危険が潜んでいる場所を明確にし、関係者が共有しておくことが重要です。

ヒヤリハットマップ(ヒヤリマップ・KYマップ)の具体例

多くの自治体や企業などがヒヤリハットマップを作成・公開しています。特に交通分野では自治体、警察や運輸業などの企業が多数作成・公開しています。このほか工場・製造業、建設業、医療・看護、介護、保育園などの分野でもヒヤリハットマップが作成されています。

スポンサーリンク
リンク広告
リンク広告