ヒヤリハットとは・語源は何語?

シェアする




ヒヤリハットは、顕在化していないものの、重大な災害や事故に直結しかねない無症事故状態、一歩手前の危険な状態です。

1の重大事故の影には29の軽症事故と300の「ヒヤリハット」がある、とされます。重大事故を防ぐためにはヒヤリハットの段階で事故の原因を発見し、問題を解決していくことが大切です。

ヒヤリハットの語源は、危険を感じると「ヒヤリ」としたり「ハッと」したりする、にあります。
語源は 「ヒヤリ」と「ハッと」、 日本語です。
いくらか「太古の語感」がするものですが、実態をよく表しているので、今でも使われています。

スポンサーリンク
リンク広告

ヒヤリハットが 危険感受性を高める

顕在化していないものの、重大な災害や事故に直結しかねない無軽症事故状態、事故の一歩手前の危険な状態である「ヒヤリハット」の具体的な事例がヒヤリハット事例です。

ヒヤリハット事例を早期に見つけ、問題を解決することで重大事故を防止することができます。

それだけでなく、より事故の起きにくい環境を作ることにも役立ちます。

ヒヤリハットの語源である「ヒヤリ」としたり「ハッと」するのは人間でが、この「ヒヤリ」としたり「ハッと」したりする度合いは人によって違います。

同じように、正しい知識がないと危険が目の前に迫っても「ヒヤリ」としたり「ハッと」したりしません。

東京で雪が降ると大変なことになりますが、それは東京で暮らす人の多くは雪に慣れておらず、雪に危険を感じないからです。 雪の危険性に対する正しい知識がないので、危険を正しく認識できず、 雪を見ても「ヒヤリ」とも「ハッと」とも「できない」のです。

ヒヤリハット事例を知ることにより正しく危険を感じる能力、危険感受性を高めることができます。

ヒヤリハットが安全衛生意識を高める

ヒヤリハット事例を使い、顕在化しない隠された危険を発見する訓練をすることで、一人ひとりが作業の危険性や有害性を予測したうえで、予防策を講ずることができます。
さらに、個々の作業者の安全衛生意識を高めることにもつながります。

顕在化していない無軽症事故を的確に発見し、その防止対策を立てていこうという取組みをヒヤリハット活動といい、作業者の危険感受性を高め、安全衛生活動を促進します。

「1の重大事故の影には29の軽症事故と300の無症事故が発生している(ハインリッヒの法則)」といわれます。
災害や事故を未然に防ぐには、危険な状態や行為を認識し、ヒヤリハットの段階で対策を考え、予防策を実行することが重要です。

安全衛生においては、ヒヤリハットの段階で発見し、事故の顕在化を予防することが重大事故を防ぐ最善策とされます。

重大事故が起きる可能性の高い建設業、工場、交通安全、医療・介護の分野では、特に力を入れて事故予防に取り組んでいます。