交通安全活動一覧

交通1人4ラウンドKYTと交通自問自答カード1人KYTのやり方

交通1人4ラウンドKYTは、1人でも交通KYTを実施できるようにした手法です。最後に自己チェック表で自分の到達度をチェックし自己の能力を判定できます。交通自問自答カード1人KYTは交通KYTの時間短縮を図るとともに危険の見落としを防ぐ工夫をしています。

交通KYT(交通危険予知トレーニング)とストレートKYTのやり方

ストレートKYTは交通について短時間で実践的な危険予知を行う手法で、交通KYT基礎4ラウンド法の応用的な手法です。ストレートKYTでは短時間のうちに、数多くのKYTシートを使った危険予知を繰り返すことで、危険感受性を効率的に向上させようとします。

交通KYT(交通危険予知トレーニング)のやり方と交通KYT基礎4ラウンド法

交通KYTの目的は、運転者一人ひとりが様々な交通状況における判断と運転行動との問題点に気づき、より適切な運転行動ができるようになることです。交通KYTは通常、交通KYT基礎4ラウンド法と呼ばれる手法で行われます。危険のとらえ方と表現の仕方に特徴があります。

ヒヤリハットマップ(ヒヤリマップ・KYマップ)の具体例

多くの自治体や企業などがヒヤリハットマップを作成・公開しています。特に交通分野では自治体、警察や運輸業などの企業が多数作成・公開しています。このほか工場・製造業、建設業、医療・看護、介護、保育園などの分野でもヒヤリハットマップが作成されています。

歩行者の交通KYT(危険予知トレーニング)シート用画像・動画(例題あり)

歩行者の視点で作成された交通KYT(危険予知トレーニング)シートに使える資料はやや少なくなっています。運転に関するものに付随して公開されているようなものですが、ドライブレコーダの動画を中心に無料で公開されているものがあります。

スポンサーリンク
リンク広告
リンク広告