ヒヤリハットマップ一覧

保育園・保育所のヒヤリハットマップ(ヒヤリマップ)の具体例

保育園・保育所などでの安全管理・事故防止のため、ヒヤリハット情報を共有し、危険を明確にするヒヤリハットマップを作成・公開する必要があります。事故の発生しやすい場面や場所は決まっているので、危険が潜んでいる場所を明確にし、関係者が共有しておくことが重要です。

ヒヤリハットマップ(ヒヤリマップ・KYマップ)の具体例

多くの自治体や企業などがヒヤリハットマップを作成・公開しています。特に交通分野では自治体、警察や運輸業などの企業が多数作成・公開しています。このほか工場・製造業、建設業、医療・看護、介護、保育園などの分野でもヒヤリハットマップが作成されています。

ヒヤリハットマップとは・作成方法と具体的な書き方

ヒヤリハットマップは、ヒヤリハット事例を発生場所別にまとめた地図です。ヒヤリハットマップの作成の基本は、ヒヤリハット事例の発生場所を地図に表示することで、色や絵柄で発生場所を表示するとわかりやすくなります。作成したヒヤリハットマップを公開すると効果が高まります。

スポンサーリンク
リンク広告
リンク広告