活用方法一覧

特性要因図のヒヤリハット活動における活用方法

特性要因図は、未発生の問題について改善の手段の整理及び現に発生した事故などの結果とその原因との関係の整理に有効です。ヒヤリハット事例の分析は後者、予防策の検討は前者です。特性要因図は説明資料としても有用で、組織活動にも向いています。

スポンサーリンク
リンク広告
リンク広告